メイン画像
メイン画像

週明け15日(月)にかけて、広い範囲で雨や雷雨となるでしょう。激しい雨や落雷、竜巻などの突風、ひょうに注意。来週中頃は晴れて、夏日・真夏日続出となりそうです。ただ、晴天は続かず、次の週末も4週連続で雨となりそうです。

週明け月曜にかけて 激しい雨・落雷・突風・ひょうに注意

画像A
画像A

3週連続で、雨の週末となっている所が多い日本列島。週明け15日(月)にかけて、低気圧や湿った空気の影響を受けるでしょう。また、上空には、この時期としては強い寒気が流れ込むため、大気の状態が非常に不安定となりそうです。

あす14日(日)は、九州~東北にかけて雨や雷雨となるでしょう。福岡など九州は晴れマークですが、大気の状態は不安定です。急な雨や落雷・突風に注意が必要です。

西日本は15日(月)頃まで、関東など東日本では16日(火)頃まで雨が降りやすいでしょう。局地的に雷を伴い、ザッと激しく降る所もありそうです。雨は断続的で、止んでいる時間が長い所もありますが、油断禁物です。山で雷雨があると、下流の川は雨が降っていなくても急に増水する事があるためご注意下さい。

能登地方や千葉県木更津市など、大きな地震があった所は地盤が緩んでいる恐れがあるため、少しの雨でも土砂災害に注意が必要です。

なお、沖縄や奄美地方では、曇りや雨の日が増えてきそうです。梅雨入りの平年は、沖縄が5月10日ごろ、奄美が5月12日ごろ。雨の季節が近づいています。大雨への備えは、早めに行いましょう。

来週中頃 夏日・真夏日続出 熱中症に注意

画像B
画像B

来週中頃は晴れて、夏日(最高気温25℃以上)・真夏日(最高気温30℃以上)続出となりそうです。

特に、17日(水)~18日(木)にかけては、上空1500メートル付近で18℃と、7月並みの暖気に覆われる見込みです。これは晴れれば、地上付近で30℃以上の真夏日となる暖気です。17日(水)は、九州~東北南部にかけて夏日続出となり、17日(水)~18(木)は名古屋で最高気温30℃の予想です。

まだ、暑さに体が慣れていないため、こまめに休憩や水分をとり、熱中症に注意しましょう。

21日(日)~26日(金) 曇りや雨ですっきりしない天気が続く

画像C
画像C

次の週末、20日(土)は全国的に雨となり、4週連続で雨の週末となりそうです。21日(日)は、北海道など北日本で曇りや雨となるでしょう。

22日(月)以降も、気圧の谷や湿った空気の影響を受けやすく、曇りや雨の所が多くなりそうです。

この期間、極端な暑さはありませんが、湿度がアップしてくる見込みです。湿度が高いと、汗がうまく蒸発できず、熱がこもりやすくなります。夏日や真夏日ではない日でも、熱中症に注意が必要です。