パトリック・ハーランさん
パトリック・ハーランさん
この記事の写真をすべて見る

 ハーバード卒・投資歴25年以上のパトリック・ハーラン(パックン)には、「投資ってやっぱり怖い」と言う人にこそ伝えたいことがあるそうです。それはリスクヘッジをすれば安心してお金を育てられるし、それにぴったりな商品もあるということ。いまさら聞けない「お金の基本」から投資のリスクヘッジまでしっかりカバーした、パックン初のお金の本『パックン式 お金の育て方』から一部を抜粋・再編して公開します。

【図解:永久保存版】パックンが解説!債権の表の見方のコツ

*  *  *
■いろんな資産をもってリスクヘッジしよう

 一般的な金融商品を見込めるリターン(利益)の高い順に並べると「株」「不動産」「債券」の順番になります。

 アメリカ株の平均的な利率は年7%前後。

 日本国内の不動産は3~5%で、債券は2~5%くらいの利率が見込めます。

 この数字だけを見ると、「不動産や債券に投資をするヤツはバカなのかな?」と思うかもしれないけれど、それはもちろん違います。

 ここでは、「リスクとリターンは比例する」ということを思い出してください。

 株式投資のリターンが高いということは、リスクもそれなりにあるということです。

 不動産や債券はリターンとしては株式投資に劣るかもしれません。

 けれど、その分リスクも抑えられるというメリットがあります。

 しかも株式相場が下がるときには、トレンドとして「株を売って、安全パイの債券を買おう!」となって世界中の資金が動きます。

 だから、そのとき、債券市場は盛り上がる傾向にあります。

 また、不動産の相場は、(ものによっては)株式市場とは自立した動きを見せます。

 つまり、株式と債券は逆に動きがちだし、不動産はあまり連動しません

 株式相場が下がったとしても、債券と不動産を持っていれば、ポートフォリオ(金融資産構成)全体はあまり下がらないのです。

 一言で言うと、数種類の資産・金融商品を持つことがリスクヘッジ(危険回避)になります

暮らしとモノ班 for promotion
Amazonの「Fashion ✕ 夏先取りタイムセール祭り」で夏のファッションや暑さ対策小物を準備しよう!
次のページ
そもそも「債券」ってどんなもの?