SNS上の「闇バイト」の求人(記事とは関係ありません)
SNS上の「闇バイト」の求人(記事とは関係ありません)

 1月19日、東京都狛江市の住宅で大塩衣与さん(90)が殺害された強盗殺人事件。犯行の手口が関東を中心に全国で相次ぐ一連の強盗事件とも似ており、同一グループによる事件との見方もある。一方、高額につられ闇バイトに手を出した実行犯たち。取り返しのつかない結果を招いた。

【写真】闇バイトをめぐって発生した2018年の殺人事件 被害者が連れ去られた現場がこちら

「一連の犯行は、もともとは振り込め詐欺を手本にして、目鼻が効く連中が手っ取り早くカネにしようと、SNSでバイトを集めてやっているものです。聞いている話では、いくつかグループがあるようです。おそらく一番上はヤクザかそれに準ずる人物。その下に半グレ組織がいて、現場を操っている。そんな構図でしょう」

 事件の背景についてそう話すのは、以前、「振り込め詐欺」で逮捕され、服役した過去もある元暴力団幹部の男性Zさんだ。

 狛江市の事件は、複数の男が大塩さん方に押し入り、大塩さんを縛り付けたり、殴ったりして、金品を奪ったというものだ。こうした凶悪な手口の強盗が、関東だけではなく広島市、山口県岩国市でも繰り返されている。昨年末からその数は20件を超える。

 岩国市であった強盗未遂事件では、犯行グループのうちの一人の裁判が始まっている。

 検察側の冒頭陳述から犯行状況や経緯などをまとめると……。

 被告の男は、SNSで「日当100万円」などと書かれた「闇バイト」をみつけ、応募した。その後、“担当者”と連絡をとると

「報酬100万円のタタキ(強盗)の仕事がある」「山口で仕事があるのでまず広島に行ってほしい」

 と指示されたという。現場に向かう途中の広島県内で、まったく面識のない4人と合流し、車の中で打ち合わせた。

「押し入る家には金庫が二つあり、合計で1億円がある」「人がいれば縛っちゃおう」「金庫の番号がわからなかったら、カッターで脅して聞くだけ」

 現場に行き、1人が民家の窓ガラスを割ろうとしたが失敗し、翌日に再度、決行することになった。

次のページ
各事件にいくつかの共通点