聴き放題の時代に「カセットテープ」の波 不便で面倒なのに人気の理由

2020/02/10 11:30

 ハイポジ、ダビング、レタリングシート。この言葉にピンときたら、きっと“いい年”だろう。サブスクで「聴き放題」が主流の時代に、かつて熱中したカセットテープが、再び人気になっている。AERA2020年2月10日号ではカセットを特集。専門店の店主やスチャダラパーのANIさんらが語る「カセットの魅力」とは。

あわせて読みたい

  • スチャダラパーANIが語るカセットテープの魅力「“終わり”があるからしっくりくる」

    スチャダラパーANIが語るカセットテープの魅力「“終わり”があるからしっくりくる」

    AERA

    2/10

    『11月16日はなんの日?』録音文化の日、ふたたび注目を集める「カセットテープ」の魅力

    『11月16日はなんの日?』録音文化の日、ふたたび注目を集める「カセットテープ」の魅力

    Billboard JAPAN

    11/16

  • 奥田民生、オリジナルモデルのラジカセ発売

    奥田民生、オリジナルモデルのラジカセ発売

    Billboard JAPAN

    6/15

    90分でも60分でもなく…「10分間のカセットテープ」が今一番売れているワケ

    90分でも60分でもなく…「10分間のカセットテープ」が今一番売れているワケ

    プレジデントオンライン

    3/8

  • 僕の音楽入手方法の変遷史

    僕の音楽入手方法の変遷史

    6/18

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す