学校の性教育で「性交」を取り扱うハードルの高さ 障壁となる「はどめ規定」の実態

2023/01/25 08:00

 正しい性教育は性情報にあふれる中で暮らす子どもを守るほか、セクハラや強制性交罪などの抑止にもつながると期待される。しかし、多くの学校は学習指導要領の「はどめ規定」のため、積極的な性教育の実施をためらっている。実態を追った。AERA 2023年1月30日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • セクハラ・性加害の背景に不十分な性教育 中学校で「性交」を教えることができない理由

    セクハラ・性加害の背景に不十分な性教育 中学校で「性交」を教えることができない理由

    AERA

    11/19

    日本の性教育の遅れの裏に「自民党と旧統一教会」 足かせ「はどめ規定」が生まれた背景

    日本の性教育の遅れの裏に「自民党と旧統一教会」 足かせ「はどめ規定」が生まれた背景

    AERA

    1/27

  • 世界から後れをとる日本の性教育 「寝た子を起こすな的なクレーム」も

    世界から後れをとる日本の性教育 「寝た子を起こすな的なクレーム」も

    AERA

    5/28

    野田聖子議員に聞く性教育 「結婚するまで生理があれば何歳でも産めると思っていた」

    野田聖子議員に聞く性教育 「結婚するまで生理があれば何歳でも産めると思っていた」

    AERA

    6時間前

  • 「性教育はやるだけ損」が教師の本音?

    「性教育はやるだけ損」が教師の本音?

    AERA

    12/19

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す