浜矩子「英国の首相交代劇 日本は御託を並べてダラダラと現状維持か」

eyes 浜矩子

浜矩子

2022/11/01 17:00

浜矩子/経済学者、同志社大学大学院教授
浜矩子/経済学者、同志社大学大学院教授

 経済学者で同志社大学大学院教授の浜矩子さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、経済学的視点で切り込みます。

*  *  *

 前回の本欄で、日英両国は通貨安で同病相憐(あわ)れむだと書いた。その後に、英国では首相が交代した。日本では首相は交代していない。

 英国のトラス前首相は、わずかひと月半で辞任した。支離滅裂な財政大盤振る舞い政策に、投資家たちが引導を渡した。国債相場が急落し、資本市場がカオスに陥った。カオスを引き起こした張本人が退場を通告されるのは、当然の成り行きだった。若きスナク新首相の登場で、カオスはひとまず収束した。だが、この先の展開はまだまだ分からない。どうも、昨今の英国の政治と社会は少々狂気じみている。これから、何が起こるやら。

 日本の政治と社会も、かなり狂気じみてきている。特に政治について然りだ。旧統一教会と自民党政治との関係は、正気の沙汰とは思えない。軍事費倍増のために国債を新たに発行するというのも、まともな神経のなせるわざではない。国葬問題もあった。狂気もまた、両国に共通の病なのだろうか。

1 2

あわせて読みたい

  • 浜矩子「支離滅裂な政策によるポンド安 経済は素直で怖い」
    筆者の顔写真

    浜矩子

    浜矩子「支離滅裂な政策によるポンド安 経済は素直で怖い」

    AERA

    10/18

    浜矩子「国債の不正な価格操作の真犯人は日銀だ」
    筆者の顔写真

    浜矩子

    浜矩子「国債の不正な価格操作の真犯人は日銀だ」

    AERA

    4/4

  • 浜矩子「10年前の議事録に見えた日銀の気概と今のていたらく 落差生んだのは政治だ」
    筆者の顔写真

    浜矩子

    浜矩子「10年前の議事録に見えた日銀の気概と今のていたらく 落差生んだのは政治だ」

    AERA

    2/4

    浜矩子「10年物国債利回りの許容変動幅の拡大は、なぜ利上げではないのか」
    筆者の顔写真

    浜矩子

    浜矩子「10年物国債利回りの許容変動幅の拡大は、なぜ利上げではないのか」

    AERA

    12/27

  • 浜矩子「菅首相の『グリーン成長戦略』が驚くべきトンデモ政策だと言い切れる理由」
    筆者の顔写真

    浜矩子

    浜矩子「菅首相の『グリーン成長戦略』が驚くべきトンデモ政策だと言い切れる理由」

    AERA

    3/4

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す