クロ現「卵子の老化」から10年 「正しい性の知識」も少子化を克服する突破口に

2022/06/17 11:00

 日本の少子化は、2016年に出生数が100万人を割りこんで以降、ギアを上げて加速している。少子化を克服するためには、若い頃からの正しい性の知識も重要だ。AERA 2022年6月20日号の記事から紹介する。

あわせて読みたい

  • 卵子凍結しても使わない? 独身女性へ凍結容認もジレンマ

    卵子凍結しても使わない? 独身女性へ凍結容認もジレンマ

    AERA

    9/6

    独身でも「産む」努力 「卵子凍結は保険」と女性

    独身でも「産む」努力 「卵子凍結は保険」と女性

    AERA

    4/26

  • 同じ35歳なら「卵あり」がいい? 卵子凍結への男性の胸中

    同じ35歳なら「卵あり」がいい? 卵子凍結への男性の胸中

    AERA

    8/8

    少子化専門の学者が「保育園は足りている」と断言する理由とは?

    少子化専門の学者が「保育園は足りている」と断言する理由とは?

    出産準備サイト

    5/5

  • 実年齢より卵巣が異様に若い「卵巣美魔女」は存在しない?

    実年齢より卵巣が異様に若い「卵巣美魔女」は存在しない?

    AERA

    8/5

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す