「保菌者め」唾をかけられトラウマに 米国でヘイト犯罪の標的にされるアジア系女性

2022/05/11 08:00

 米国でアジア系市民に対するヘイトがやまない。とりわけ女性に対する犯罪が後を絶たず、殺人事件まで起きている。犯罪による後遺症は心身ともに深い傷跡を残す。AERA 2022年5月16日号の記事から紹介する。

あわせて読みたい

  • アジア系ヘイトに沈黙しない 米国で立ち上がる市民「私たちの存在を認めてほしい」

    アジア系ヘイトに沈黙しない 米国で立ち上がる市民「私たちの存在を認めてほしい」

    AERA

    5/13

    米国で多発するアジア系ヘイトのターゲットは女性と高齢者 「夜も眠れない…」と悲痛な叫び

    米国で多発するアジア系ヘイトのターゲットは女性と高齢者 「夜も眠れない…」と悲痛な叫び

    AERA

    4/9

  • 黄禍ではなく「We are golden!」 BLMに共鳴、アジア系市民の叫び

    黄禍ではなく「We are golden!」 BLMに共鳴、アジア系市民の叫び

    AERA

    6/11

    リアーナ/ファレル/アリアナなど、反アジア系暴力を非難するコメントを投稿

    リアーナ/ファレル/アリアナなど、反アジア系暴力を非難するコメントを投稿

    Billboard JAPAN

    3/19

  • 「大統領から自由脅かされるとは…」メディアの嘆き節 トランプ・ショック 歓喜と悲嘆 分断進む米国

    「大統領から自由脅かされるとは…」メディアの嘆き節 トランプ・ショック 歓喜と悲嘆 分断進む米国

    AERA

    11/25

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す