女性医師への差別が復活する恐れ? 背景に長すぎる研修期間と、女性に不利な労働環境

医学部

2022/03/03 08:00

 2021年度医学部入試で合格率が初めて男女逆転したが、医師全体では女性は約5人に1人しかいない。職場環境など課題点は少なくない。AERA 2022年3月7日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 医学部入試合格率初の男女逆転も、国立大学で目立つ“男性優位”。男子校と女子校との「受験のノウハウ」に差あり?

    医学部入試合格率初の男女逆転も、国立大学で目立つ“男性優位”。男子校と女子校との「受験のノウハウ」に差あり?

    AERA

    3/2

    医学部不正入試、月300時間労働の医師の過酷さが背景 変えるべきは働き方

    医学部不正入試、月300時間労働の医師の過酷さが背景 変えるべきは働き方

    AERA

    12/30

  • 女性医師の3人に1人が独身! 既婚者の半数近くは相手が◯◯だった

    女性医師の3人に1人が独身! 既婚者の半数近くは相手が◯◯だった

    dot.

    2/2

    「神の手」を持つ現役女性医師が答える! 女性の育児負担は改善しない

    「神の手」を持つ現役女性医師が答える! 女性の育児負担は改善しない

    週刊朝日

    9/26

  • 面接で親の学歴や職業を聞かれ… 医学部入試に根強く残る「男女差別」と「鈍感力」

    面接で親の学歴や職業を聞かれ… 医学部入試に根強く残る「男女差別」と「鈍感力」

    AERA

    8/28

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す