調律に“我”は入れず、楽器の成長を見守りたい ピアノ調律師・越智晃<現代の肖像>

2021/08/31 08:00

 ピアノ調律師、越智晃。2010年、ショパン国際ピアノコンクールで、越智晃はファツィオリの調律師を務めた。そのピアノを弾いた2人が入賞。新興のピアノメーカーであるファツィオリの新規参入は難しい中、ピアノにとっていい音を作りたいと心血を注いできた。ピアノをめぐる業界も、中国が勢いをのばしたり変わろうとしている。けれども、最高の音を作る越智の情熱は変わらない。

あわせて読みたい

  • 本屋大賞『羊と鋼の森』にも描かれた、ピアノ調律師の世界とは?

    本屋大賞『羊と鋼の森』にも描かれた、ピアノ調律師の世界とは?

    BOOKSTAND

    5/5

    『羊と鋼の森』著者・宮下奈都はK-POP好き? 意外な素顔

    『羊と鋼の森』著者・宮下奈都はK-POP好き? 意外な素顔

    AERA

    6/22

  • <ライブレポート>川口成彦&天羽明惠【歌に恋するピアニーノ】1840年製のピアノと歌には、少し暗い室内がよく似合う【LFJ2019】

    <ライブレポート>川口成彦&天羽明惠【歌に恋するピアニーノ】1840年製のピアノと歌には、少し暗い室内がよく似合う【LFJ2019】

    Billboard JAPAN

    5/14

    【「本屋大賞2016」候補作紹介】『羊と鋼の森』――ピアノとピアノを巡る人びとの成長の物語

    【「本屋大賞2016」候補作紹介】『羊と鋼の森』――ピアノとピアノを巡る人びとの成長の物語

    BOOKSTAND

    2/24

  • 古楽器、現代ピアノを弾きこなす異才リュビーモフ来日 21日にストラヴィンンスキー、ハイドン協奏曲

    古楽器、現代ピアノを弾きこなす異才リュビーモフ来日 21日にストラヴィンンスキー、ハイドン協奏曲

    Billboard JAPAN

    5/19

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す