五輪は「僕とは違う世界」 コロナ禍で貧困層が急増 福島県民は「復興五輪なんて言ってほしくない」

新型コロナウイルス

2021/08/07 11:30

 緊急事態宣言下で開催される東京五輪。その足元には、命を削るように生きる人たちがいる。AERA 2021年8月9日号で取材した。

あわせて読みたい

  • 仕事失い炊き出しも減 月収3万円の路上生活者「食べられるだけマシなのか…」

    仕事失い炊き出しも減 月収3万円の路上生活者「食べられるだけマシなのか…」

    AERA

    6/4

    「もうお金がない」「死ねば楽に…」コロナ禍で迫る路上生活の危機 人として最低限の生活とは

    「もうお金がない」「死ねば楽に…」コロナ禍で迫る路上生活の危機 人として最低限の生活とは

    AERA

    12/10

  • 夏以降「家まで失う人が増える」の声も コロナ禍であぶり出される貧困

    夏以降「家まで失う人が増える」の声も コロナ禍であぶり出される貧困

    AERA

    6/4

    妄言・放言だらけの東京五輪 政治家の無責任ぶりがエスカレート

    妄言・放言だらけの東京五輪 政治家の無責任ぶりがエスカレート

    週刊朝日

    6/17

  • ホームレス生活10年、一番つらいのは「そういう目」 コロナ禍で路上生活に変化も

    ホームレス生活10年、一番つらいのは「そういう目」 コロナ禍で路上生活に変化も

    AERA

    12/30

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す