隣人トラブル「直談判」はNG 弁護士や警察への相談は「証拠を集めて」と専門家

2021/06/18 08:00

 コロナ禍で在宅機会が増える中、近隣住民同士のトラブルに悩まされる人は多い。事件にもつながりかねないだけに慎重に対応したい。AERA 2021年6月21日号から。

あわせて読みたい

  • コロナで増えるマンションの「騒音トラブル」賢い対処法、弁護士に聞く

    コロナで増えるマンションの「騒音トラブル」賢い対処法、弁護士に聞く

    ダイヤモンド・オンライン

    7/1

    近隣トラブル、裁判で勝っても… お互い様と思うべし

    近隣トラブル、裁判で勝っても… お互い様と思うべし

    AERA

    10/26

  • 「どういう歩き方してんだよ!」階下の住人の“勘違い”に恐怖…コロナで増える隣人トラブル

    「どういう歩き方してんだよ!」階下の住人の“勘違い”に恐怖…コロナで増える隣人トラブル

    AERA

    6/16

    新しい弁護士「スクールロイヤー」とは? いじめや虐待など学校現場でおこるトラブル対応

    新しい弁護士「スクールロイヤー」とは? いじめや虐待など学校現場でおこるトラブル対応

    dot.

    7/31

  • 派遣先のセクハラに打ち切り対処法は? 弁護士が身を守る術を解説

    派遣先のセクハラに打ち切り対処法は? 弁護士が身を守る術を解説

    AERA

    3/5

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す