ウーバー配達中の事故がきっかけで労働組合委員長に 当時「人間扱いされていない」と感じた理由

2021/05/09 11:17

 フードデリバリーの多くの運営会社の配達員は、運営会社が提供するスマホアプリを介し、飲食店と配達ごとに業務委託契約を交わす「個人事業主」だ。運営会社とは雇用関係になく、労災や雇用保険の適用対象外で、所得補償も不十分。そうした中、労働環境のさらなる悪化が懸念されている。AERA 2021年5月3日-5月10日合併号で取材した。

あわせて読みたい

  • 路上で「地蔵」になるウーバー配達員、脅迫のようなメールも…悪化する労働環境に疲弊

    路上で「地蔵」になるウーバー配達員、脅迫のようなメールも…悪化する労働環境に疲弊

    AERA

    5/9

    ウーバー新報酬体系は「完全なブラックボックス」 配達員が働くモチベ低下を懸念

    ウーバー新報酬体系は「完全なブラックボックス」 配達員が働くモチベ低下を懸念

    AERA

    6/9

  • ウーバー配達員のマナー違反続出で都議会が規制へ 配達員「個別ナンバー表示」はプライバシー違反と反発

    ウーバー配達員のマナー違反続出で都議会が規制へ 配達員「個別ナンバー表示」はプライバシー違反と反発

    dot.

    4/19

    ウーバーは「アメとムチ」で配達員を鼓舞? 新報酬体系に非難の裏で改善点も

    ウーバーは「アメとムチ」で配達員を鼓舞? 新報酬体系に非難の裏で改善点も

    AERA

    6/10

  • 今田耕司「汗だくの汚い出前配達」発言、ウーバー配達員の「意外な本音」とは

    今田耕司「汗だくの汚い出前配達」発言、ウーバー配達員の「意外な本音」とは

    dot.

    6/25

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す