万能薬を求め続けた500年前の名医にみる、新型コロナ「特効薬」の捉え方 医師の見解は?

歴史上の人物を診る

AERAオンライン限定

2021/03/30 13:00

『戦国武将を診る』などの著書をもつ産婦人科医で日本大学医学部病態病理学系微生物学分野教授の早川智医師は、歴史上の偉人たちがどのような病気を抱え、それによってどのように歴史が形づくられたかについて、独自の視点で分析する。今回は医学のルネサンスに名を残したパラケルススを「診断」する。

あわせて読みたい

  • 50人超のコロナ患者にイベルメクチン投与の現場の医師 厚労省が認めるも“ノータッチ”の医師会に苦言

    50人超のコロナ患者にイベルメクチン投与の現場の医師 厚労省が認めるも“ノータッチ”の医師会に苦言

    dot.

    6/26

    権力闘争、暗殺…そして感染症「不幸は一つでは済まない」フランス文人医師の言葉の意味
    筆者の顔写真

    早川智

    権力闘争、暗殺…そして感染症「不幸は一つでは済まない」フランス文人医師の言葉の意味

    AERA

    5/10

  • 賭博を愛しすぎて破滅した天才数学者の末路 「賭博に負けない唯一最高の方法は…」
    筆者の顔写真

    早川智

    賭博を愛しすぎて破滅した天才数学者の末路 「賭博に負けない唯一最高の方法は…」

    dot.

    11/16

    日本発「イベルメクチン」 インドがコロナ治療で感染者数減もWHO「反対」のナゼ

    日本発「イベルメクチン」 インドがコロナ治療で感染者数減もWHO「反対」のナゼ

    dot.

    5/26

  • 世界初のエイズ治療薬も認知症治療薬も日本人がつくった

    世界初のエイズ治療薬も認知症治療薬も日本人がつくった

    AERA

    11/4

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す