30年かけて「ドラえもん」をつくるために…大企業でもベンチャーでもなく日大を選んだ理由

2021/03/17 11:32

 昨年12月に設置された日本大学文理学部次世代社会研究センター。センター長はまだ20代の新米教員だ。彼は「ウニ型組織」で社会を変え、ドラえもんをつくる、という夢を本気で実現しようとしている。AERA 2021年3月22日号で取材した。

あわせて読みたい

  • 3月15日発売のAERAは月に1度の大好評連載「向井康二が学ぶ 白熱カメラレッスン」を掲載/先生は写真家の川島小鳥さん

    3月15日発売のAERAは月に1度の大好評連載「向井康二が学ぶ 白熱カメラレッスン」を掲載/先生は写真家の川島小鳥さん

    3/12

    役に立たない? 「ポケットのないドラえもん」目指したロボット

    役に立たない? 「ポケットのないドラえもん」目指したロボット

    AERA

    1/22

  • ロボットクリエイター・高橋智隆さんに聞く「人型ロボットの未来」

    ロボットクリエイター・高橋智隆さんに聞く「人型ロボットの未来」

    dot.

    10/22

    テクノロジーは孤独を癒やす ドラえもんから考えるロボットの未来

    テクノロジーは孤独を癒やす ドラえもんから考えるロボットの未来

    AERA

    3/16

  • 「人間は完璧じゃないから憧れる」 ドラえもんがいつの時代も愛される理由

    「人間は完璧じゃないから憧れる」 ドラえもんがいつの時代も愛される理由

    AERA

    3/10

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す