追試、園芸セット、アニメ授業…人気の中高一貫校がコロナ禍で採用した意外な対策

2021/03/06 08:02

 コロナ禍の1年。各学校は生徒や教師がさまざまな工夫を凝らして対応した。しかし、難関校を中心に「受験地図」には変化があらわれた。AERA 2021年3月8日号では「中高一貫の真価」を特集。厳しかったコロナ禍の1年を、実力校はどうとらえたのか。

あわせて読みたい

  • 「開成中」入試欠席者続出? 最難関中学の受験者がここまで減った理由とは

    「開成中」入試欠席者続出? 最難関中学の受験者がここまで減った理由とは

    dot.

    2/26

    コロナ禍の中学受験、親が感染防止との両立に苦慮 一方で受験校「減らさない」姿勢も

    コロナ禍の中学受験、親が感染防止との両立に苦慮 一方で受験校「減らさない」姿勢も

    AERA

    1/19

  • 中学受験で志願者を伸ばす「半付属校」とは? 2022年入試、御三家は麻布、女子学院が増加の予測

    中学受験で志願者を伸ばす「半付属校」とは? 2022年入試、御三家は麻布、女子学院が増加の予測

    dot.

    1/12

    中学受験で人気続く付属校 特に志願者が増えたのはどの大学付属?

    中学受験で人気続く付属校 特に志願者が増えたのはどの大学付属?

    dot.

    2/21

  • 中学受験者 早慶の付属校が減って、日大・女子大の付属校が増えた理由

    中学受験者 早慶の付属校が減って、日大・女子大の付属校が増えた理由

    dot.

    3/13

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す