【猫と感染症】難病FIPに「特効薬」近々登場! 猫にとって新型コロナウイルスとは

NyAERA2021「感染症から猫を守る」

2021/03/07 11:32

 これまで猫にとって最も危険と考えられてきた感染症「猫伝染性腹膜炎(FIP)」に、近く「特効薬」が登場する見込みだ。また、猫に新型コロナウイルスがどう影響するかについても、獣医師に取材した。発売中の臨時増刊「NyAERA2021」内「感染症から猫を守る」から抜粋。

あわせて読みたい

  • お待たせしました!AERAが猫化した「NyAERA(ニャエラ)」が今年も発売 表紙は岩合光昭さん撮影のベーコン/特集は「運命の猫」と「猫と感染症」

    お待たせしました!AERAが猫化した「NyAERA(ニャエラ)」が今年も発売 表紙は岩合光昭さん撮影のベーコン/特集は「運命の猫」と「猫と感染症」

    2/17

    新型コロナ、動物から人間へ唯一の感染例はミンクだった! 猫同士は広まりやすい 犬は?

    新型コロナ、動物から人間へ唯一の感染例はミンクだった! 猫同士は広まりやすい 犬は?

    dot.

    9/6

  • 新型コロナは目からも感染する! コンタクトレンズの付け外しにも注意

    新型コロナは目からも感染する! コンタクトレンズの付け外しにも注意

    dot.

    4/12

    足の指先に赤いブツブツが出る「コロナのつま先」とは? 最新論文が示すコロナ皮膚症状と脱毛症
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    足の指先に赤いブツブツが出る「コロナのつま先」とは? 最新論文が示すコロナ皮膚症状と脱毛症

    dot.

    12/11

  • ペットとの濃厚接触は禁物!? コロナで動物から人への感染報告

    ペットとの濃厚接触は禁物!? コロナで動物から人への感染報告

    週刊朝日

    6/10

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す