両足のひざ下を切断…兄の事故をきっかけに「義肢装具士」の道へ 藤田兄弟の絆

2020東京五輪

2021/01/29 17:00

 1年延期となった東京五輪・パラリンピックの開催を不安視する声が広がる。だが選手たちは開催を信じひたむきに努力を続ける。全力で支えてくれる家族とともに。AERA 2021年2月1日号で、パラアスリートとその家族が、家族の歴史や葛藤、喜びを語ってくれた。

あわせて読みたい

  • 遺伝性の病気で視力失い母にひどい言葉をかけた過去 ゴールボール日本代表が「居場所」を取り戻すまで

    遺伝性の病気で視力失い母にひどい言葉をかけた過去 ゴールボール日本代表が「居場所」を取り戻すまで

    AERA

    1/30

    パラアーチェリー日本代表にパートナーが触れて驚いた「素質」とは 誰もが知る事故から生還し大舞台へ

    パラアーチェリー日本代表にパートナーが触れて驚いた「素質」とは 誰もが知る事故から生還し大舞台へ

    AERA

    1/31

  • 東京パラリンピックを支える「最強のパートナー」

    東京パラリンピックを支える「最強のパートナー」

    週刊朝日

    2/24

    自転車の藤田征樹が“実り”の走りを誓う 「けがの間にまいた種をひとつひとつ回収」

    自転車の藤田征樹が“実り”の走りを誓う 「けがの間にまいた種をひとつひとつ回収」

    AERA

    8/31

  • パラリンピックメダリストは、どうやって義足の恐怖心を克服したのか?

    パラリンピックメダリストは、どうやって義足の恐怖心を克服したのか?

    AERA

    9/10

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す