「金メダルも狙えるようになった」競泳の“超新星”佐藤翔馬 五輪延期が追い風に

2021/01/25 17:00

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で1年延期され、今また開催が不安視されている東京五輪。多くの選手にとって、延期は死活問題となったが、追い風になった選手もいる。競泳の佐藤翔馬選手もその一人だ。この1年で2秒もタイムを縮めた。AERA 2021年2月1日号から。

あわせて読みたい

  • 「北島康介の後継者のようでわくわく」平井コーチが期待する慶大生とは?
    筆者の顔写真

    平井伯昌

    「北島康介の後継者のようでわくわく」平井コーチが期待する慶大生とは?

    週刊朝日

    2/7

    慶大・佐藤翔馬「勝ちパターン」でライバル圧倒を 水泳界の新星
    筆者の顔写真

    平井伯昌

    慶大・佐藤翔馬「勝ちパターン」でライバル圧倒を 水泳界の新星

    週刊朝日

    2/8

  • 「記録的にもの足りないが…」平井コーチ、コロナ禍の競泳界を振り返る
    筆者の顔写真

    平井伯昌

    「記録的にもの足りないが…」平井コーチ、コロナ禍の競泳界を振り返る

    週刊朝日

    12/21

    競泳ニッポンは“メダルラッシュ”の予感 先陣を切る瀬戸大也が勢いもたらすか

    競泳ニッポンは“メダルラッシュ”の予感 先陣を切る瀬戸大也が勢いもたらすか

    dot.

    7/23

  • リオ1カ月前の国内大会で「今季世界3位」のタイムをたたきだした「女子高生スイマー」

    リオ1カ月前の国内大会で「今季世界3位」のタイムをたたきだした「女子高生スイマー」

    AERA

    8/5

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す