なぜ「自粛」「マスク」「帰省」警察が発生? 「『桃太郎』を思い出すとよくわかる」社会心理学者が解説

新型コロナウイルス

2020/08/29 09:00

 感染をめぐって意識や価値観の違いが浮き彫りになり、家庭や職場でさまざまな軋轢が生じ、社会的な分断へとつながっていく。背景には安定した社会が崩れることに対する恐怖がある。AERA 2020年8月31日号から。

あわせて読みたい

  • 人間はどこまでも残虐になれる――コロナ禍で露呈した人々の「生贄探し」を紐解く

    人間はどこまでも残虐になれる――コロナ禍で露呈した人々の「生贄探し」を紐解く

    BOOKSTAND

    5/28

    “本家”よりも一足早く 「2020年コロナ流行語」を選んでみた!

    “本家”よりも一足早く 「2020年コロナ流行語」を選んでみた!

    週刊朝日

    11/21

  • マスク生活続いて「鼻毛警察」現る 取り締まられたホリエモン「人のあら探しで楽しんでいる」

    マスク生活続いて「鼻毛警察」現る 取り締まられたホリエモン「人のあら探しで楽しんでいる」

    週刊朝日

    1/22

    新型コロナ移動自粛解除後の 乗り物で「3密」を避ける目安とは

    新型コロナ移動自粛解除後の 乗り物で「3密」を避ける目安とは

    dot.

    6/19

  • 暴走する正しさ 自粛警察に「政府や自治体もどこか期待」 コロナフォビアの恐ろしさ

    暴走する正しさ 自粛警察に「政府や自治体もどこか期待」 コロナフォビアの恐ろしさ

    AERA

    5/27

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す