新型コロナ 全国に広がる受診検診控えで「持病悪化、進行がん増加」 医師らが警告

ヘルス

2020/08/23 09:00

 緊急事態宣言以降、重症化リスクの高いとされる高齢者を中心に、病院の受診控えが広がっている。医師たちは、持病の悪化や、検診の機会の 損失による進行がんの増加を警告する。AERA 2020年8月24日号から。

あわせて読みたい

  • 検便も内視鏡も恥ずかしい? 「大腸がん」が女性のがん死亡数1位の背景

    検便も内視鏡も恥ずかしい? 「大腸がん」が女性のがん死亡数1位の背景

    AERA

    2/6

    住民検診と人間ドック、あなたはどっち? 5大がんの検診徹底解説

    住民検診と人間ドック、あなたはどっち? 5大がんの検診徹底解説

    AERA

    7/7

  • 財津和夫が公表した大腸がん 検査の種類や方法は?

    財津和夫が公表した大腸がん 検査の種類や方法は?

    dot.

    6/2

    現役医師500人調査 今すぐ受けたいがん検診、トップは?

    現役医師500人調査 今すぐ受けたいがん検診、トップは?

    週刊朝日

    8/29

  • 乳がん「マイクロ波マンモ」で極小がんも発見可能に がん検査技術の最新事情

    乳がん「マイクロ波マンモ」で極小がんも発見可能に がん検査技術の最新事情

    AERA

    2/8

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す