ヒョンビン沼に168時間、「寡黙」と「能弁」の振れ幅にひたる 前者が圧倒的に切ない (1/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ヒョンビン沼に168時間、「寡黙」と「能弁」の振れ幅にひたる 前者が圧倒的に切ない

このエントリーをはてなブックマークに追加
矢部万紀子AERA#ドラマ
「愛の不時着」のヒョンビン。アンケートでは「完璧なルックスや紳士的な態度が魅力」との声が多く集まった/Netflixオリジナルシリーズ『愛の不時着』独占配信中

「愛の不時着」のヒョンビン。アンケートでは「完璧なルックスや紳士的な態度が魅力」との声が多く集まった/Netflixオリジナルシリーズ『愛の不時着』独占配信中

 ツンデレラブコメから切なさ満点のヒューマンドラマまで。その振れ幅で、愛しさと切なさを堪能する夢のような沼時間。「愛の不時着」への道をコンプリートしたら、何が見えた?AERA 2020年8月10日-17日合併号でコラムニスト・矢部万紀子氏が綴る。

【写真特集】ヒョンビン沼にひたる!「愛の不時着」の場面写真はこちら

*  *  *
 らりりりりりりーららー、らりりりりらー。と、これが「シークレット・ガーデン」。

 りり、らりーれりらーら。と、これは「彼らが生きる世界」。

 こんな感じで、鼻歌を口ずさむ。合間に押し寄せてくるのは、胸いっぱいの切なさ。「チング~愛と友情の絆~」のヒョンビンが心に迫る。振り払うように脳内で反芻するのが「愛の不時着」のテーマ。「るるるI feel your everything,everything」。

 と、こんな日々を送っているのは、ヒョンビン主演ドラマ9本をコンプリートしたから。「愛の不時着」視聴終了から2カ月、ヒョンビン沼に居を構え、過ごした計1万98分。時間に直せば168時間超だけど、あっという間だった。だってヒョンビンだから。可愛かった若き日からたくましさを増し、リ・ジョンヒョクへ至る道。夢のような沼時間。

 さて、ここで問題です。あなたはどちらでしょう。【A】「愛の不時着」後、同じネットフリックスの「梨泰院(イテウォン)クラス」が面白いと知り、すんなり梨泰院に出かけた。【B】ヒョンビンがいないなら梨泰院には行きたくないと、ヒョンビン探しの旅に出た。【B】の皆さま、ヒョンビン沼へようこそ。新人ながら9本を完走したものとして、私なりに「沼の歩き方」をご報告いたします。

 まずは、ヒョンビン沼の特徴から。(1)明るさと切なさが交互にやってくる。(2)すべての道は、「愛の不時着」に通ず。

 完走してわかったのが、視聴後の感慨の振れ幅の大きさだ。そこが楽しみでもあるけれど、注意が必要なところでもある。明るいヒョンビンはニコニコ思い返せるが、切ないヒョンビンはやたらと尾を引く。最終話で「はい、終了」とならない。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい