家事は「専業主婦の母」を目指さず自分の「合格ライン」設定を 負担とストレスを減らすための考え方

2020/07/23 10:00

 共働き家庭が増えているのに、家事への姿勢は「専業主婦の母」と変わらない。母と同じように家事に完璧を求めず、自分なりの合格ラインを設定することが家事負担とストレスを減らす近道だ。「家事改革」を特集したAERA 2020年7月27日号から。

あわせて読みたい

  • 苦しいのは“メタボ家事”のせい 楽にならない原因はココだった

    苦しいのは“メタボ家事”のせい 楽にならない原因はココだった

    AERA

    2/13

    世帯年収300万円以下でも専業主婦を望む女性たち その「理想」と「現実」

    世帯年収300万円以下でも専業主婦を望む女性たち その「理想」と「現実」

    dot.

    7/22

  • 脱ワンオペ家事・育児 最大の壁は「夫」ではなく「世間の目」?

    脱ワンオペ家事・育児 最大の壁は「夫」ではなく「世間の目」?

    AERA

    10/24

    コロナ禍で夫婦円満の秘訣は同じ寝室? テレワークは「息抜きない」と専業主婦 満足度調査が示すリアル

    コロナ禍で夫婦円満の秘訣は同じ寝室? テレワークは「息抜きない」と専業主婦 満足度調査が示すリアル

    dot.

    9/12

  • コロナ禍で女性が家事負担増 深まる不平等に「男性は7対3の意識を」専門家が指摘

    コロナ禍で女性が家事負担増 深まる不平等に「男性は7対3の意識を」専門家が指摘

    AERA

    3/12

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す