子どもにマスク無理強いはダメ コロナ感染はまれでも熱中症リスクは大 (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

子どもにマスク無理強いはダメ コロナ感染はまれでも熱中症リスクは大

石臥薫子,小長光哲郎AERA#新型コロナウイルス
佐久総合病院佐久医療センター小児科医長 坂本昌彦さん/名古屋大学医学部卒。出前講座やアプリ、SNSを通じて子育て支援する「教えて!ドクター」プロジェクト責任者

佐久総合病院佐久医療センター小児科医長 坂本昌彦さん/名古屋大学医学部卒。出前講座やアプリ、SNSを通じて子育て支援する「教えて!ドクター」プロジェクト責任者

Q2:フェイスシールドをつけて遊ぶ時もディスタンス?

坂本:フェイスシールドは不要。距離を厳密にとるデメリットもある

 フェイスシールドは、感染者の飛沫(ひまつ)が顔にかかるリスクが高くない状況では、医療者も使いません。子どもが使うと転倒や熱中症のリスクがあり不要です。

 遊びは子どもの発達にとって欠かせない大切なもの。ソーシャルディスタンスのために遊びを犠牲にするデメリットも考えてください。子ども同士の感染リスクが低いことを考えれば、遊びを過度に制限するより、遊んだ後の手洗いを徹底した方がいいと思います。

 おもちゃや遊具など、小さな子がなめる可能性があるものは消毒しましょう。ただ、教科書など本に関してはアメリカ疾病対策センター(CDC)も毎回やる必要はないとしています。

 小学校以上であれば、共用するものをなめたりはしませんから、消毒は過度な負担にならない範囲で。むしろ手洗いを徹底しましょう。

Q3:病院での感染が心配。予防接種は少し先にしたい

坂本:予防接種は延期しないで

 新型コロナウイルス感染症より、子どもが重症化しやすい感染症があります。適切な時期に接種すればリスクを減らせます。

(編集部・石臥薫子、小長光哲郎)

AERA 2020年7月6日号

■アエラでは、「新しい生活様式」を感染拡大防止の効果は維持しつつ、より合理的で続けやすい形にアップデートすることを試みました。発売中の「AERA 2020年7月6日増大号」では、4人の専門家に取材。27つの「新しい生活常識」を提案します。


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい