羽生結弦「もう少しだけ、この子たちの力を」 突然の曲変更への思い明かす

羽生結弦

2020/02/19 11:30

 2月に韓国・ソウルで行われたフィギュアスケートの四大陸選手権で、羽生結弦が優勝を果たした。今回使用した曲は「バラード第一番」と「SEIMEI」。2年前、韓国・平昌で五輪連覇した時の曲だ。AERA 2020年2月24日号では、曲変更の裏にある羽生の思いに迫った。

あわせて読みたい

  • 羽生結弦、4回転アクセルは「プライドとしてのアクセル」 完成までは「あとちょっと」

    羽生結弦、4回転アクセルは「プライドとしてのアクセル」 完成までは「あとちょっと」

    AERA

    2/19

    蘇った羽生結弦、“憧れの2曲”との格闘が促した熟成「ありがとうと言いたい」

    蘇った羽生結弦、“憧れの2曲”との格闘が促した熟成「ありがとうと言いたい」

    dot.

    2/10

  • 「結弦は答えがもうわかっている」 ブライアン・オーサーが語る羽生の再始動

    「結弦は答えがもうわかっている」 ブライアン・オーサーが語る羽生の再始動

    AERA

    3/20

    羽生結弦の四大陸選手権をAERAが現地取材&木村拓哉ソロライブを完全ルポ!

    羽生結弦の四大陸選手権をAERAが現地取材&木村拓哉ソロライブを完全ルポ!

    2/14

  • 「来季は限界の先へ行く」 羽生結弦の今季とクワッドアクセルへの道のり

    「来季は限界の先へ行く」 羽生結弦の今季とクワッドアクセルへの道のり

    AERA

    5/2

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す