宇野昌磨が「どん底」の仏杯と露杯を終えて それでも笑顔の理由

2019/11/26 11:30

 フィギュアグランプリシリーズ、ロシア杯で総合4位だった宇野昌磨。フランス杯に続き成績は振るわなかったが、スッキリしている。すでに前を向いている。そこに至るまでの心境の変化を追った、AERA 2019年12月2日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 羽生結弦「終わったから言うんですが…」 

    羽生結弦「終わったから言うんですが…」 

    AERA

    11/13

    羽生結弦「勝たなきゃ意味ない」 今季初戦で心にともった火

    羽生結弦「勝たなきゃ意味ない」 今季初戦で心にともった火

    AERA

    10/3

  • 羽生結弦「いろんなことをしゃべるほど嫌われるし…」五輪後に明かした胸中

    羽生結弦「いろんなことをしゃべるほど嫌われるし…」五輪後に明かした胸中

    AERA

    7/19

    宇野昌磨 GPワースト8位に涙「自分のメンタルにのまれてしまった」

    宇野昌磨 GPワースト8位に涙「自分のメンタルにのまれてしまった」

    AERA

    11/13

  • 宇野昌磨の“復活”で再認識、フィギュアスケートにおけるコーチの「重要性」

    宇野昌磨の“復活”で再認識、フィギュアスケートにおけるコーチの「重要性」

    dot.

    1/16

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す