宇野昌磨が「どん底」の仏杯と露杯を終えて それでも笑顔の理由 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

宇野昌磨が「どん底」の仏杯と露杯を終えて それでも笑顔の理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
吉永岳央AERA
フィギュアグランプリシリーズロシア杯に出場した宇野昌磨選手 (c)朝日新聞社

フィギュアグランプリシリーズロシア杯に出場した宇野昌磨選手 (c)朝日新聞社

 フィギュアグランプリシリーズ、ロシア杯で総合4位だった宇野昌磨。フランス杯に続き成績は振るわなかったが、スッキリしている。すでに前を向いている。そこに至るまでの心境の変化を追った、AERA 2019年12月2日号の記事を紹介する。

【画像】美しい!AERA表紙を飾った羽生結弦

*  *  *
 フィギュアグランプリ(GP)シリーズロシア杯のフリーから一夜が明け、エキシビション練習の合間。宇野昌磨(21)はスッキリした笑みを浮かべて報道陣の前に姿を現した。

「やっと地に足が着いたというのを感じました」

 平昌五輪の銀メダリストとして、ロシア杯の成績は決して満足できるものではなかった。ショートの4位に続き、フリーも4位。総合4位という成績は、自身のGPシリーズにおいて、2週間前のフランス杯の次に悪い成績だ。それでも宇野は笑う。

「気持ちも整理できて、どこまで自分ができるかっていうイメージもできて。あとは練習を積み重ねて、(12月の)全日本選手権に向かうだけかな」

 どこまでも前向きな笑顔を見せる宇野。理由を探るには、フランス杯を振り返る必要がある。

 この大会、宇野はもがいていた。ショートは2度転倒して4位。フリーでも3度転倒し9位。総合8位で5季連続のGPファイナル進出は早くも絶望的に。キス・アンド・クライでは一人うつむき、涙を浮かべた。

「本当に、どん底だった」

 宇野は今季、殻を破ろうとメインコーチを置かずに挑んでいる。10月のジャパンオープンでは涼しい顔で言っていた。

「練習の時間や内容は、今までも自分で考えてきたこと。やっていることは変わらない」

 ただ、フランス杯の成績は、自身にとっても予想外だった。

「一人で練習して、一人で試合をする。正直、できると思って今シーズンに入った」

 その結果が、8位という惨敗だった。振り返れば、スケートが楽しくなかったという。

「苦しさになっている時期もあったんです。練習するのも、『やらなきゃ試合で良い演技ができないから』って。少しも『(練習を)やりたい』と思える時期がこなかった」

 滑ることへのモチベーションさえ揺れる日々。だが、フランス杯が大きな転機になった。涙を流すほどの敗北を味わったからこそ、気づけたことがある。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい