<現代の肖像>長村さと子 LGBTQの「子どもがほしい」を支援

現代の肖像

2019/11/18 11:30

 子どもがほしい、もしくは子どもを育てているLGBTQなどの人たちを応援するのが「こどまっぷ」。長村さと子さんは、こどまっぷの代表理事であり、飲食店の経営者。セクシュアルマイノリティを取り巻く状況は少しずつ変わってきてはいるが、依然として子どもを持つことは難しい。誰もが生きやすい場所を作りたいと活動する長村さん。その裏には、自分自身の居場所を作りたいという切実な願いがあった。AERA 2019年11月25日号に掲載された「現代の肖像」から一部紹介する。

あわせて読みたい

  • あるレズビアンカップルが子どもを愛して育てるまで

    あるレズビアンカップルが子どもを愛して育てるまで

    AERA

    6/12

    わが子がLGBTだと知ったらどうするか 地方で苦しむ性的マイノリティーの子どもたち

    わが子がLGBTだと知ったらどうするか 地方で苦しむ性的マイノリティーの子どもたち

    AERA

    6/6

  • LGBTの学生は優良人材の宝庫 外資系は採用に積極的

    LGBTの学生は優良人材の宝庫 外資系は採用に積極的

    AERA

    9/28

    祝5周年! 日本唯一のLGBTアワード【Tokyo SuperStar Awards 2014】が開催決定

    祝5周年! 日本唯一のLGBTアワード【Tokyo SuperStar Awards 2014】が開催決定

    Billboard JAPAN

    10/8

  • まずは、ゲイの友だちをつくりなさい

    まずは、ゲイの友だちをつくりなさい

    週刊朝日

    6/11

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す