プロレスファン驚愕「ラグビーは無差別級のぶつかり合い」 堀江翔太も語ったその魅力とは? (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

プロレスファン驚愕「ラグビーは無差別級のぶつかり合い」 堀江翔太も語ったその魅力とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
小柳暁子AERA#ラグビーW杯
スコットランド戦でタックルをくらいながらもオフロードパスを出す堀江(c)朝日新聞社

スコットランド戦でタックルをくらいながらもオフロードパスを出す堀江(c)朝日新聞社

 市瀬さんは、さらにこう続ける。

「無差別級のぶつかり合いの中で、愚直に戦い続ける姿はエンターテインメントとしても上質だということに多くの日本人が気づいたのだと思います。格闘技がラグビーに学ぶべき点は少なくないでしょうね」

 ドレッドヘアーが印象的な日本代表フッカーの堀江翔太選手は、アサヒカメラ増刊「ラグビー日本代表 写真ガイドRUGBY PHOTOBOOK & GUIDE JAPAN 2019」で、こう語っている。

「格闘技とボールゲーム、2つの要素があるから、単純に見てて楽しいですよ。(中略)会場でビールでも飲みながら、すげえぶつかってんな、って思って見てくれたらいい(笑)」

(文/編集部・小柳暁子)

※AERAオンライン限定記事


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい