なぜ孤独死の現場をミニチュアで再現? 20代女性が語る特別な思い

2019/09/24 08:00

 日本では孤独死する人が年間約3万人。その現場を精巧に再現したミニチュアがある。なぜつくるのか、なぜこの仕事を続けるのか。制作者の女性が思いを語った。AERA 2019年9月23日号に掲載された記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 故人に罵倒や怒り…特殊清掃員と家庭医が語る孤独死現場のリアル

    故人に罵倒や怒り…特殊清掃員と家庭医が語る孤独死現場のリアル

    AERA

    9/24

    養生テープで「ゴメン」 “孤独死の部屋”再現する遺品整理人の思い

    養生テープで「ゴメン」 “孤独死の部屋”再現する遺品整理人の思い

    週刊朝日

    11/5

  • 部屋から抗うつ剤、睡眠薬、インスリンの注射針…特殊清掃業者が目撃したコロナ禍の孤独死

    部屋から抗うつ剤、睡眠薬、インスリンの注射針…特殊清掃業者が目撃したコロナ禍の孤独死

    週刊朝日

    10/13

    【写真特集】壮絶な現場をミニチュアで再現 孤独死の現場を作って伝える

    【写真特集】壮絶な現場をミニチュアで再現 孤独死の現場を作って伝える

    9/24

  • 生前整理は親より“自分”から! 40代からの「生前整理」のメリットとコツ

    生前整理は親より“自分”から! 40代からの「生前整理」のメリットとコツ

    AERA

    6/27

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す