昭和天皇は戦争を後悔していた? 初代宮内庁長官の記録でみる当時の生々しい会話

2019/08/30 08:00

 戦後、昭和天皇と約600回にわたり面談をした初代宮内庁長官による「拝謁記(はいえつき)」が見つかった。「ネー」などのしゃべり言葉もそのまま残されており、研究者の古川隆久・日大教授は「当時の天皇の心情がよくわかる」と話す。

あわせて読みたい

  • 秋篠宮家・悠仁さまと「帝王教育」 象徴天皇として信頼と拠り所を築く道

    秋篠宮家・悠仁さまと「帝王教育」 象徴天皇として信頼と拠り所を築く道

    AERA

    3/1

    今、戦後のブラックボックスが開かれる! 昭和天皇側近の手記から新たな事実も

    今、戦後のブラックボックスが開かれる! 昭和天皇側近の手記から新たな事実も

    AERA

    8/30

  • 「二男と三男はひやめし」 『昭和天皇拝謁記』に見る天皇家の兄弟 立場の違いと苦悩

    「二男と三男はひやめし」 『昭和天皇拝謁記』に見る天皇家の兄弟 立場の違いと苦悩

    AERA

    3/12

    昭和天皇がマッカーサーにぶつけた本音

    昭和天皇がマッカーサーにぶつけた本音

    週刊朝日

    5/27

  • 退位論と「戦争責任」 意図的に排除された「昭和天皇実録」

    退位論と「戦争責任」 意図的に排除された「昭和天皇実録」

    週刊朝日

    10/13

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す