教師3年目で突如「雇い止め」通告…私立高校で相次ぐ非正規雇用の理不尽な待遇

2019/07/23 08:00

 私立高校の非正規教員が悲鳴をあげている。一方的な雇い止め通告などの現場の理不尽さから、労働組合へ駆け込む人も少なくないという。教員の「使い捨て」を前提にしている体質は、今後改善するのだろうか。

あわせて読みたい

  • 「もう限界」…ブラック学校の非正規教員、残業は月160時間でも手取りで月17万円

    「もう限界」…ブラック学校の非正規教員、残業は月160時間でも手取りで月17万円

    AERA

    7/23

    理研で365人が雇い止め 改正労働契約法の“抜け道”が生んだ悲劇

    理研で365人が雇い止め 改正労働契約法の“抜け道”が生んだ悲劇

    AERA

    2/25

  • 「年収200万円台」非常勤文系講師の困窮 正規教員との格差に“健康被害”も

    「年収200万円台」非常勤文系講師の困窮 正規教員との格差に“健康被害”も

    AERA

    2/25

    約4割が「黒字リストラ」好業績なのになぜ? 背景にコロナとデジタル化への対応

    約4割が「黒字リストラ」好業績なのになぜ? 背景にコロナとデジタル化への対応

    AERA

    6/17

  • 20年以上働くも…理研がプリント1枚で“雇い止め” 厳しい生活強いられる人も

    20年以上働くも…理研がプリント1枚で“雇い止め” 厳しい生活強いられる人も

    AERA

    2/24

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す