「機械や電気分野も強い!? プログラミング教育で見えた女子の潜在能力」

61歳の新入社員 元校長のプログラミング教育奮闘記

AERAwithKids

2019/07/10 16:00

 61歳で公立小学校の校長を定年退職した福田晴一さんが「新入社員」として入社したのはIT業界だった! 転職のキーワードは「プログラミング教育」。全国を教員研修で回っているうちに63歳となり、現役時代を思い出しつつ「授業で見えた女子の潜在能力」に注目してみた。

あわせて読みたい

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す