稲垣えみ子「秋の終わり、隣の柿が気になってしょうがない」

アフロ画報

稲垣えみ子

2018/12/10 11:30

 元朝日新聞記者でアフロヘア-がトレードマークの稲垣えみ子さんが「AERA」で連載する「アフロ画報」をお届けします。50歳を過ぎ、思い切って早期退職。新たな生活へと飛び出した日々に起こる出来事から、人とのふれあい、思い出などをつづります。

あわせて読みたい

  • 稲垣えみ子「コロナが問うシンプルなこと 生きるって、幸せって、何なのか。」
    筆者の顔写真

    稲垣えみ子

    稲垣えみ子「コロナが問うシンプルなこと 生きるって、幸せって、何なのか。」

    AERA

    12/28

    稲垣えみ子「共助とは『助けたつもりが助けられていること』なのかもしれない」
    筆者の顔写真

    稲垣えみ子

    稲垣えみ子「共助とは『助けたつもりが助けられていること』なのかもしれない」

    AERA

    10/5

  • 木枯らし吹き渡る初冬の空に映える「なり木の木守り」とは?七十二候「地始凍(ちはじめてこおる)」

    木枯らし吹き渡る初冬の空に映える「なり木の木守り」とは?七十二候「地始凍(ちはじめてこおる)」

    tenki.jp

    11/12

    稲垣えみ子「大きいシステムが一人勝ちする社会は、裏では誰かがツケを払っている」
    筆者の顔写真

    稲垣えみ子

    稲垣えみ子「大きいシステムが一人勝ちする社会は、裏では誰かがツケを払っている」

    AERA

    7/5

  • 稲垣えみ子「ミカン配りでノーリスク投資! 友だちづくりは人生の財産になる」
    筆者の顔写真

    稲垣えみ子

    稲垣えみ子「ミカン配りでノーリスク投資! 友だちづくりは人生の財産になる」

    AERA

    11/23

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す