小島慶子「五輪ボランティアは日本ならではの国家総動員体制なのかと不安になって…」 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

小島慶子「五輪ボランティアは日本ならではの国家総動員体制なのかと不安になって…」

連載「幸複のススメ!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
小島慶子AERA#小島慶子#東京五輪
小島慶子(こじま・けいこ)/エッセイスト。1972年生まれ。東京大学大学院情報学環客員研究員。近著に『歳を取るのも悪くない』(養老孟司氏との共著、中公新書ラクレ)、『幸せな結婚』(新潮社)

小島慶子(こじま・けいこ)/エッセイスト。1972年生まれ。東京大学大学院情報学環客員研究員。近著に『歳を取るのも悪くない』(養老孟司氏との共著、中公新書ラクレ)、『幸せな結婚』(新潮社)

平昌五輪にも、大勢のボランティアが参加した。韓国・江陵で報道陣の求めに応じ、手を振るボランティアたち (c)朝日新聞社

平昌五輪にも、大勢のボランティアが参加した。韓国・江陵で報道陣の求めに応じ、手を振るボランティアたち (c)朝日新聞社

 タレントでエッセイストの小島慶子さんが「AERA」で連載する「幸複のススメ!」をお届けします。多くの原稿を抱え、夫と息子たちが住むオーストラリアと、仕事のある日本とを往復する小島さん。日々の暮らしの中から生まれる思いを綴ります。

【韓国・江陵で報道陣の求めに応じ、手を振るボランティアたち】

*  *  *
 東京オリンピックでは、計9万人ものボランティアを募集して、大学生や中高生にまで動員をかけるらしい。電通と組織委員会は、国民をタダ働きさせようというのか? まさか交通費も自腹か?

 という意見をツイッターなどでよく見かけるので、日本ならではの国家総動員体制なのかと不安になって、他のオリンピックではどうだったのか調べてみました。

 IOCのサイトでは、オリンピックでのボランティア体験談などの情報を見ることができます。それによると、2012年のロンドン五輪でも16年のリオ五輪でも18年の平昌冬季五輪でも、数万人規模のボランティアが大会を支えていたようです。

 リオ五輪では5万人の大会ボランティアが世界56カ国から集合。うち8割はブラジル、2割は海外からの参加です。18年の平昌冬季五輪では2万2千人余りの大会ボランティアが活躍したとのこと。活動のためのユニホームは無料で支給され、1日8時間の活動中の飲食も無料のようです。

 アメリカの旅行サイト「Go Overseas」の海外ボランティアのページを見ると、ボランティアには旅費以外に交通費や食費などがかかることがある、とあります。「東京オリンピックでボランティアするには?」という記事も発見。それによると、平昌では無料で宿舎が提供されたようですが、リオでは宿代は自腹。で、資金難の人は親にねだるとか、ガレージセールや、クラウドファンディングで捻出しようと書かれています。募集要項によると、東京も宿代は自腹のようですね。

 ボランティア=奉仕・タダ働き・動員と捉えるのか、お金ではなく経験を得る活動と捉えるのか。IOCのサイト(英語)の体験談や、東京五輪・パラリンピック組織委員会のサイトにある、ボランティア戦略の詳しい資料を読んで考えるのもいいかも。

 ボランティア活動が身近なオーストラリアに暮らしていると、日本でも気軽に参加する人が増えればいいなと思います。自分も人もハッピーで、楽しくやれればいいのでは。

週刊朝日  2018年9月3日号


トップにもどる AERA記事一覧

小島慶子

小島慶子(こじま・けいこ)/エッセイスト。1972年生まれ。東京大学大学院情報学環客員研究員。近著に『幸せな結婚』(新潮社)。対談集『さよなら!ハラスメント』(晶文社)が発売中

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい