清宮幸太郎「1週間、LINEは返せなかった」夏の甲子園予選後の喪失感を語る (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

清宮幸太郎「1週間、LINEは返せなかった」夏の甲子園予選後の喪失感を語る

このエントリーをはてなブックマークに追加
市瀬英俊AERA
清宮幸太郎(きよみや・こうたろう)/1999年、東京都生まれ。2015年、高1の夏に全国選手権大会で4強入り。高校通算本塁打記録111本を保持。18年、ドラフト会議で7球団の競合の末、北海道日本ハムファイターズへ入団(撮影/加藤夏子)

清宮幸太郎(きよみや・こうたろう)/1999年、東京都生まれ。2015年、高1の夏に全国選手権大会で4強入り。高校通算本塁打記録111本を保持。18年、ドラフト会議で7球団の競合の末、北海道日本ハムファイターズへ入団(撮影/加藤夏子)

清宮幸太郎(きよみや・こうたろう)/1999年、東京都生まれ。2015年、高1の夏に全国選手権大会で4強入り。高校通算本塁打記録111本を保持。18年、ドラフト会議で7球団の競合の末、北海道日本ハムファイターズへ入団  (c)朝日新聞社

清宮幸太郎(きよみや・こうたろう)/1999年、東京都生まれ。2015年、高1の夏に全国選手権大会で4強入り。高校通算本塁打記録111本を保持。18年、ドラフト会議で7球団の競合の末、北海道日本ハムファイターズへ入団  (c)朝日新聞社

 夏の甲子園第100回大会を記念して、早稲田実業高校出身で北海道日本ハムファイターズに所属する清宮幸太郎が甲子園の思い出を語った。

【写真】第97回全国選手権大会3回戦で本塁打を放った清宮幸太郎

*  *  *
 2006年の夏。早稲田実業対駒大苫小牧の決勝再試合を、当時7歳の清宮幸太郎は甲子園球場の三塁側アルプス席から観戦した。

「決勝の1試合目は自宅のテレビで見ていたんですが、引き分けになったことで家族で『じゃあ、行くか』と。鮮明に覚えているのは最後の場面。斎藤(佑樹)さんが田中(将大)さんから三振を奪って、早実が優勝したシーンには衝撃を受けました」

 歴史的な一戦を目撃したことがきっかけとなり、清宮は野球の道へと進んだ。

「自分も甲子園に行きたいという憧れはありました。でも、本当に行けるのか。きっと届かないところなんだろうなあ、と思っていましたね」

 リトルリーグ時代には世界一を経験するなど、早くから非凡な才能を開花させていた清宮ではあったが、甲子園は決して身近な存在ではなかった。

 しかし、15年の夏。高校1年の清宮はチームの中軸打者として甲子園の土を踏むことになる。西東京大会6試合では打率5割、10打点と活躍した。

「3試合目の日野戦(9対8)をサヨナラ勝ちで乗り越えたことが大きかったですね」

 この日野戦まで、都立校とのゲームが初戦から3試合続いた。

「対私立はある程度、試合展開が予測できる。実力もなんとなくわかるし、凄い選手の情報もわかる。でも、都立とは普段、練習試合をやらないですし、向こうからすれば早実にひと泡吹かせるぞと。応援もひとつになってましたし、守っていても勢いが伝わってきて、私立よりやりづらい部分がありました」

 清宮なら打って当然。そんな楽観的な声も耳に突き刺さった。

「打てなければ『何やってんの?』と思われるかもしれないですけど、いやいや、と」

 本人の戸惑いをよそに、甲子園へと伝播した清宮フィーバー。その中でファン待望の一発が飛び出したのは3回戦の東海大甲府戦。白球は雄大な放物線を描き、超満員の右中間スタンドに吸い込まれていった。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい