娘たちにツリーハウス 「好きな空間」を自作するDIY女子が急増中 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

娘たちにツリーハウス 「好きな空間」を自作するDIY女子が急増中

このエントリーをはてなブックマークに追加
石田かおるAERA

【バラ咲く庭にツリーハウス】DIY女子 中野 望(なかの・のぞみ)さん/1979年、埼玉県生まれ。200種類のバラが咲く庭は両親が20年かけて育て、ガーデン雑誌などでも紹介されてきた。ブログ「みんなの庭」(撮影/写真部・大野洋介)

【バラ咲く庭にツリーハウス】DIY女子 中野 望(なかの・のぞみ)さん/1979年、埼玉県生まれ。200種類のバラが咲く庭は両親が20年かけて育て、ガーデン雑誌などでも紹介されてきた。ブログ「みんなの庭」(撮影/写真部・大野洋介)

「自分の好きな空間」を自作するDIY女子が増えている。200種類のバラ咲く、自宅のイングリッシュガーデンにツリーハウスと小屋を建てた中野望さんもそのひとり。カフェ風のカワイイ、その「非日常空間」を訪ねた。

【写真特集】中野望さんがDIYで建てたツリーハウスと小屋はこちら

 200種類のバラが色とりどりに咲く、100坪のイングリッシュガーデン。自宅の庭の一角にカフェ風のツリーハウスを建てたのは、東京のベッドタウン、埼玉県東松山市に住む中野望さん(38)だ。

 中野さんがDIYを始めたのは7年前。実家で暮らすようになったのがきっかけだ。庭に面した和室の障子が洋風の庭と合わないと感じ、ホームセンターで木の材料を買い、白いフェンスを建ててみた。中野さんは言う。

「初めてやったわりにはうまくいって。そのあとエアコンの室外機カバーも作りました」

 以後、まとまった休みのとれるゴールデンウィーク(GW)に大型のDIYに取り組むのが恒例の楽しみとなった。5年前には1畳ほどの小屋を建てた。

「ガーデン雑誌を見ると、海外の庭にはガーデンシェッドがあって。それを作ってみたいと思いました」

 外壁は塗り壁にし、窓の一部にステンドグラスをはめた。ガーデンシェッドは本来は庭道具を収納する場所だが、そうはせず、古道具屋で見つけた足踏みミシンの台やアンティークの雑貨を置き、「好きな世界」を作り上げた。

 15年のGWには、娘ふたりのためにツリーハウスを作る。土台は父が手がけた。ツリーハウスの下にとりつけたブランコも子どもたちに大人気だ。取材の日の夕方、小学3年生の次女小夏ちゃんが学校から帰ると、近所の友だちが遊びに来て、庭でかくれんぼをしたり、ツリーハウスの壁にチョークで落書きしたり、小屋にみんなでぎゅうぎゅう入ったり……。次から次へと遊びを思いついては元気に駆け回っていた。

「小屋の魅力は、目的や実用性のない非日常空間だということです。作る前にあれこれプランを考える時間も楽しいです」(中野さん)


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい