稲垣えみ子「いい町の条件は『◯◯屋』があるかどうか」

アフロ画報

稲垣えみ子

2018/01/12 16:00

 元朝日新聞記者でアフロヘア-がトレードマークの稲垣えみ子さんが「AERA」で連載する「アフロ画報」をお届けします。50歳を過ぎ、思い切って早期退職。新たな生活へと飛び出した日々に起こる出来事から、人とのふれあい、思い出などをつづります。

あわせて読みたい

  • 稲垣えみ子「大好きなサンドイッチ屋も豆腐屋も永遠にそこにあるわけじゃない」
    筆者の顔写真

    稲垣えみ子

    稲垣えみ子「大好きなサンドイッチ屋も豆腐屋も永遠にそこにあるわけじゃない」

    AERA

    8/6

    稲垣えみ子「気づけば家を選ぶ条件が『近所に豆腐屋があること』になっていた」
    筆者の顔写真

    稲垣えみ子

    稲垣えみ子「気づけば家を選ぶ条件が『近所に豆腐屋があること』になっていた」

    AERA

    11/25

  • 稲垣えみ子「静かに崩壊していく我が世界 ご近所の『昭和』が次々に消えていく」
    筆者の顔写真

    稲垣えみ子

    稲垣えみ子「静かに崩壊していく我が世界 ご近所の『昭和』が次々に消えていく」

    AERA

    1/3

    稲垣えみ子「変わりゆく我が町の前向きな進化に人と繋がり励まし合う幸せを思う」
    筆者の顔写真

    稲垣えみ子

    稲垣えみ子「変わりゆく我が町の前向きな進化に人と繋がり励まし合う幸せを思う」

    AERA

    4/13

  • 稲垣えみ子「秋の終わり、隣の柿が気になってしょうがない」
    筆者の顔写真

    稲垣えみ子

    稲垣えみ子「秋の終わり、隣の柿が気になってしょうがない」

    AERA

    12/10

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す