天井から巨大プールが!「フエルサ ブルータ WA!」潜入ルポ (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

天井から巨大プールが!「フエルサ ブルータ WA!」潜入ルポ

このエントリーをはてなブックマークに追加
西元まりAERA

巨大なランニングマシンの上を全速力で走る男に、次々と物体が当たって砕け散る(撮影/写真部・岸本絢)

巨大なランニングマシンの上を全速力で走る男に、次々と物体が当たって砕け散る(撮影/写真部・岸本絢)

特殊なプールが観客の頭上に。撮影OK(撮影/写真部・岸本絢)

特殊なプールが観客の頭上に。撮影OK(撮影/写真部・岸本絢)

エントランスはクラブのよう(撮影/写真部・岸本絢)

エントランスはクラブのよう(撮影/写真部・岸本絢)

「彼は特に天皇制と日本神道、鎌倉期の仏像や戦国時代の歴史を驚くほど詳しく調べていた」

 舞台美術には、能面やねぶたを思わせる巨大装飾をちりばめ、日本の祭りや伝統を意識した演出。今回は日本人パフォーマーも多く起用するため、16年12月、東京のスタジオで3日間、オーディションを実施した。

「驚くほど身体能力の優れた日本人が大勢集まってくれた」

 と、ジェイムズ。2月中旬から約1カ月間、灼熱のブエノスアイレスでリハーサルがあった。

 参加した元男子新体操選手の祝陽平は、青森山田高校でキャプテンとしてインターハイで団体優勝。卒業後はパフォーマンス集団「白A」に加わり、プロのパフォーマーとして世界で活躍してきた。公演では、ランニングマシンを走ったり壁を歩いたりと、持ち前の身体能力を十二分に生かしている。祝は「世界中から注目されるショーだからこそ、そのプレッシャーを跳ね返し、圧巻のショーを創りたい」と意気込みを語っていた。

 これまでのショービジネスは、ブロードウェーやラスベガスで認められてこそ成功というのが定石。だが本作は、日本発ワールドツアーの布石ともいえる意欲作だ。可能性を秘めた挑戦的なショーが始まった。

(ライター・西元まり)

AERA 2017年9月11日号


トップにもどる AERA記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい