アレルギー科看板偽り? 専門医がここまで少ない理由

健康

2017/04/22 07:00

 体がダルい。どうにも頭が重い。でもはっきりと名前が付く病気というわけではないから、病院には足が向かない。そもそも、平日の昼間に仕事を抜け出す余裕なんかあるわけない。これが、過剰労働社会ニッポンの「現実」だ。AERA 2017年4月24日号では「ダル重」を大特集。あまたある健康ビジネスに踊らされることなく、このダル重を解消するには、どうしたらいいのだろうか。

あわせて読みたい

  • 根本的な治療に期待! ダニアレルギーにダニエキスからつくられた新薬

    根本的な治療に期待! ダニアレルギーにダニエキスからつくられた新薬

    週刊朝日

    3/7

    日本も追いついた! ダニアレルギーはダニエキスで根治へ

    日本も追いついた! ダニアレルギーはダニエキスで根治へ

    週刊朝日

    6/1

  • まもなく花粉飛散開始!つらい花粉症を劇的におさえるアレルゲン免疫療法とは?
    筆者の顔写真

    山本佳奈

    まもなく花粉飛散開始!つらい花粉症を劇的におさえるアレルゲン免疫療法とは?

    dot.

    1/1

    不快な花粉症、 専門医に聞く“今すぐ”できる対策は? 完治を目指す治療法も

    不快な花粉症、 専門医に聞く“今すぐ”できる対策は? 完治を目指す治療法も

    セルフドクター

    2/27

  • 皮膚科医が子どもの頃患った喘息 入院生活が教えてくれた「親」と「ひげの先生」の愛情
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    皮膚科医が子どもの頃患った喘息 入院生活が教えてくれた「親」と「ひげの先生」の愛情

    週刊朝日

    1/4

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す