危険エリアに128万人 独自指標で分かった「危ないのに人気の街 東京編」

2017/03/07 11:30

 東日本大震災から6年がたつ。被災地の復興は道半ばで、「余震」とされる地震も続く。2016年には最大震度7の地震が2度、熊本を襲った。だが、不動産の値動きを見る限り、震災の記憶は薄れていると言わざるを得ない。その代表例が、東京だ。AERA 2017年3月13日号で、「震災と不動産」を大特集。データを駆使して、「危険度が高いのに値上がりしている人気の街」を浮かび上がらせた。

あわせて読みたい

  • 危険度は高いのに…それでも「住みたい街」中野

    危険度は高いのに…それでも「住みたい街」中野

    AERA

    10/28

    物件名と部屋番号だけで「相場価格」算出も AIで不動産業界を「見える化」の動き

    物件名と部屋番号だけで「相場価格」算出も AIで不動産業界を「見える化」の動き

    AERA

    2/20

  • プロの選択 防災の専門家が住む家に学ぶ

    プロの選択 防災の専門家が住む家に学ぶ

    AERA

    3/9

    高値がつく“富”動産は何が違う? 物件の優劣を見分けるポイント

    高値がつく“富”動産は何が違う? 物件の優劣を見分けるポイント

    AERA

    4/17

  • 住宅プチバブル、迫りくる「終わりの始まり」 中国株急落の昨夏がピークだった?

    住宅プチバブル、迫りくる「終わりの始まり」 中国株急落の昨夏がピークだった?

    AERA

    4/11

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す