「神の領域」に近づくゲノム編集 人間での研究はどこまで許されるか

2016/09/10 16:00

 遺伝子を効率よく切り貼りする「ゲノム編集」。使い方によっては、デザイナーベビーを現実にする技術だ。条件付きで「容認」する動きが出始めたが、課題は克服されたのか。

あわせて読みたい

  • 「ゲノム編集された人間の双子誕生」発表の衝撃 デザイナーベビーの悪夢とは?

    「ゲノム編集された人間の双子誕生」発表の衝撃 デザイナーベビーの悪夢とは?

    AERA

    12/11

    中国が人間の受精卵で「ゲノム編集」 欧米で大論争

    中国が人間の受精卵で「ゲノム編集」 欧米で大論争

    AERA

    5/19

  • “遺伝子を改変”でがん治療する「CAR-T」 転移したがんにも効果期待

    “遺伝子を改変”でがん治療する「CAR-T」 転移したがんにも効果期待

    AERA

    2/8

    ゲノム編集で双子誕生は何が問題だったのか? 社会の不平等が広がる危険も

    ゲノム編集で双子誕生は何が問題だったのか? 社会の不平等が広がる危険も

    AERA

    5/2

  • 「3人の親」を持つ子どもが誕生!? でも本当の問題は…

    「3人の親」を持つ子どもが誕生!? でも本当の問題は…

    AERA

    10/3

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す