終わらない「小泉劇場」 官邸がおびえる小泉元首相の「次の一手」 (2/6) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

終わらない「小泉劇場」 官邸がおびえる小泉元首相の「次の一手」

このエントリーをはてなブックマークに追加
2月6日、練馬駅前で演説する小泉氏。「福島の事故を見て、過ちを認めて黙っている方が無責任。何かやるべきじゃないかと思った。この運動は我々より、これから若い人たちのための運動だ」(撮影/写真部・工藤隆太郎)

2月6日、練馬駅前で演説する小泉氏。「福島の事故を見て、過ちを認めて黙っている方が無責任。何かやるべきじゃないかと思った。この運動は我々より、これから若い人たちのための運動だ」(撮影/写真部・工藤隆太郎)

 脱原発を前面に掲げる高邑氏は元民主党議員で、今回の都知事選で細川護煕元首相擁立のキーマンとなった木内孝胤・前衆院議員と当選同期。しかも、ともにメリルリンチ日本証券出身という関係にある。まさに、都知事選と同じ「原発推進派の自公陣営」 vs.「脱原発陣営」という構図だ。

「注目は、やはり小泉純一郎元首相の動向です。都知事選では原発ゼロを掲げて細川氏と一緒に都内を駆け巡りましたが、当初、ピンポイントの応援を考えていた陣営に対し、『全部まわる!』と決めたのは小泉氏本人。連日の演説を聞いてもわかるように、彼は本気です。しかも選挙が進むにつれて、いよいよ生き生きとしてきた。この勢いのまま小泉氏が脱原発候補の応援に山口に入るのではないかと、官邸は警戒心を強めています」(政治記者)

●舛添氏を抜いた瞬間●

 確かに、都知事選が終わって、急に小泉氏がおとなしくなるとは考えづらい。一度スイッチの入ったこの男を止めることはできないからだ。

 都知事選で苦戦したとはいえ、もともと小泉氏は、決して“常勝”ではない。思い起こせば、小泉氏は自民党総裁選に3度目の挑戦で勝利し、首相になった。無謀だと言われながら出馬した前の2回では大敗。首相時代の国政選挙でも、あの郵政選挙で大勝したインパクトは大きいが、参院選などでは民主党に苦杯をなめている。そう、小泉氏の真骨頂は、思いを定めたときの“しつこさ”にある。


トップにもどる AERA記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい