作家は暴言謝罪、不倫もバレる? 2ちゃん情報流出騒動 (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

作家は暴言謝罪、不倫もバレる? 2ちゃん情報流出騒動

このエントリーをはてなブックマークに追加
AERA#不倫
サーバー管理会社を名乗り、「流出した情報をウェブ上から削除する」として高額な料金を請求する業者も出てきているという(撮影/写真部・山本正樹)

サーバー管理会社を名乗り、「流出した情報をウェブ上から削除する」として高額な料金を請求する業者も出てきているという(撮影/写真部・山本正樹)

 唐澤弁護士のもとにも、翌朝から、「不倫について書き込んでしまった。夫や娘にバレたらと思うと怖い」という女性や「同僚の悪口を書いていた。謝罪すべきだろうか」という男性など、十数件の相談が相次いだ。

 ライトノベル作家の杉井光さんは27日、公式ホームページで〈僕は2ch上において暴言や誹謗中傷を多数行っておりました〉とする謝罪文を掲載する事態に追い込まれた。

 本誌の取材に対し、杉井さんがメールで寄せた回答によれば、最初は自身の話題の出るスレッドをチェックしていただけだったが、いつのころからか悪口を書き込むようになったという。

〈大前提として、他者をとにかく見下したい、けなしたい、という漠然とした悪意が僕の中にありました。公共の場に書き込むことで賛同者が現れることが快感でした。相手になんらかの落ち度があると判断すると、けなすという行為に大義名分が与えられたように錯覚してしまったのです〉(杉井さん)

“炎上”や“荒らし”など、顔の見えない相手からの攻撃は社会問題になっている。そのためか、今回の個人情報流出被害者に同情的な声は少ないが、2ちゃんねるに投稿した人すべてが炎上に加担していたわけではない。日常的なコミュニケーションについての投稿もある。

AERA  2013年9月23日号


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい