宇多田ヒカル「嵐の女神」の歌詞に藤圭子への想い 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

宇多田ヒカル「嵐の女神」の歌詞に藤圭子への想い

このエントリーをはてなブックマークに追加
AERA

 母・藤圭子(享年62)の衝撃的な死を受け、その心情をブログで語った宇多田ヒカル(30)。ヒカルが幼いころから藤は心のバランスを崩しており、2001年頃にはケンカをきっかけに、藤がヒカルを拒むような「没交渉」状態にあったと、芸能関係者は話している。ヒカルは当時の母への思いを05年に発表した「Be My Last」で、こんな風に歌っている。

 母さんどうして/育てたものまで/自分で壊さなきゃ/ならない日がくるの?/バラバラになったコラージュ/捨てられないのは/何も繋げない手/君の手つないだ時だって

 お互い求めあいながらも、遠ざかる母娘の距離──。離婚と再婚を繰り返していた両親は07年に最後の離婚。ヒカル自身も同時期、02年に結婚した写真家で映画監督の紀里谷和明氏と4年半で離婚し、10年には「人間活動」に専念するため、無期限の活動休止を発表した。

 このとき発売した2枚組アルバムに収録された5曲の新曲をみると、ヒカルの心に変化が見える。雑誌のインタビューで、過去との和解や、恐怖と向き合うことをテーマにしていると語っていた。

 その中の1曲、「嵐の女神」ではストレートに「お母さん会いたい」と、祈るように歌っている。精神科医で医学博士の西多昌規さん(43)は、こう読み解く。

「『Be My Last』の歌詞から感じられるのは、私は理想の母を求めているのに、どうしてそうじゃないのですか? という娘の怒り。『嵐の女神』を書いた5年後は、彼女の成長とともに、母の状況を少しずつ受け入れている様子がうかがわれます」

*  *  *
「嵐の女神」

嵐の女神 あなたには敵わない
心の隙間を埋めてくれるものを 探して 何度も遠回りしたよ
たくさんの愛を受けて育ったこと どうしてぼくらは忘れてしまうの
嵐の後の風はあなたの香り 嵐の通り道歩いて帰ろう
忙しき世界の片隅 受け入れることが愛なら
「許し」ってなに? きっと… 与えられるものじゃなく、与えるもの
どうして私は待ってばかりいたんだろう お母さんに会いたい
分かり合えるのも生きていればこそ 今なら言えるよ ほんとのありがとう
こんなに青い空は見たことがない 私を迎えに行こう お帰りなさい
小さなベッドでおやすみ

AERA 2013年9月9日号


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい