生理も意思で操作 キャンギャル→女性レーサーの情熱

働く女性

2013/06/10 16:00

 体力勝負のアスリートは、キャリアを重ねるにつれて年齢とも闘わなければならない。特に女性アスリートは、男性に比べ競技をやり続ける環境に恵まれていない。そのハンディを克服し、フランスF3、英国F3、世界耐久選手権(WEC)など、世界を舞台に活躍しているのが女性レーサーの井原慶子選手だ。今年40歳になる井原は、年齢だけでなく腕力がモノを言うレースの世界で、男性と伍して戦ってきた女性トップ選手の一人。

あわせて読みたい

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す