過酷すぎる箱根5区 山でマラソン選手は育たない? 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

過酷すぎる箱根5区 山でマラソン選手は育たない?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 箱根駅伝は近年ますます、こう言われている。

「山を制する者が大会を制す」

 総合力を問われるはずの駅伝で、5区の重要度が飛び抜けて高いのは、その距離の長さとコースの難しさからだ。

 箱根駅伝を象徴する山上りのコースで、その高低差は実に864メートル。選手たちは東京スカイツリー(634メートル)よりも高い頂へ上っていく。しかもスタートの小田原とゴールの芦ノ湖では気象まで異なる。負担が大きく、タフな選手だけが勝ち抜ける区間なのだ。

 ただでさえきついコースだが、関東学生陸上競技連盟は2006年、世界と戦えるマラソン選手の育成を目的に、この5区の距離を2.5キロ延ばして23.4キロの最長区間とした。

 そもそも強いマラソン選手は山上りで育つのか。

 スポーツジャーナリストの生島淳さんは批判的だ。

「マラソンは世界的にスピードレースになっています。選手を育てるのなら、5区ではなく2区の距離を延ばしたほうがいい。瀬古利彦さんなども2区出身ですし、山上りで育成しようとするのは現状とそぐわない」

 5区で棄権した2大学はどちらも「低体温と脱水症状」が原因だった。日本体育協会公認のスポーツドクターで、日本医師ジョガーズ連盟の中村集医師は、

「冬場のレースでも、実は自分が感じる以上に汗をかいています。水分補給が適切にできないと脱水が血行不良につながり、体を冷やしてしまう。加えて今回は強風でも体温が奪われ、スピードも遅くなり、悪循環に陥って棄権したと考えられます」

 と分析している。

AERA 2013年1月14日号


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい