水道、ガス止められても…出産する子だくさん家族

がん

2013/01/09 16:00

 少子化が加速する現代日本で、子だくさんの人たちはなぜ「産めている」のだろう。核家族化が進み、子育て世代、とくに母親の孤立が育児を困難にし、第2子、第3子を産むことをためらわせている。近くで手助けしてくれる「誰か」の存在は、「産もう」という大きな動機になる。

あわせて読みたい

  • 孤立しやすい?父子家庭 助けは「ママ友」の存在

    孤立しやすい?父子家庭 助けは「ママ友」の存在

    AERA

    5/22

    小児科ではついに患者ゼロも 予防接種延期と親の孤立に医師たちが警鐘

    小児科ではついに患者ゼロも 予防接種延期と親の孤立に医師たちが警鐘

    AERA

    8/24

  • ひきこもりは経済的?! 社会から孤立する“ひきこもり主婦”たち

    ひきこもりは経済的?! 社会から孤立する“ひきこもり主婦”たち

    週刊朝日

    1/27

    本当に必要なのは「産後の母親学級」? エプロン女医の試み

    本当に必要なのは「産後の母親学級」? エプロン女医の試み

    AERA

    2/15

  • 「たとえ長く生きられなくても…」NICUで闘う赤ちゃんたち

    「たとえ長く生きられなくても…」NICUで闘う赤ちゃんたち

    AERA

    3/31

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す