この話題を考える

AERAdot.編集部が独自の視点で厳選したトピックを掘り下げる

不妊治療の孤独

今や、約5.5組に1組が不妊治療の検査や治療を受けたことがある時代。今年4月から不妊治療が保険の適用対象になった。間口が広がった一方で、センシティブな問題ゆえに、深い悩みを抱え、孤独の中に佇んでいる人は依然として多い。こうした当事者のさまざまな“孤独”を掘り下げながら、不妊治療の今を探った。

この話題の記事をすべて見る
不妊治療と仕事の両立の難しさ 上司からの「いつ頃子どもできそう?」に涙があふれて

不妊治療と仕事の両立の難しさ 上司からの「いつ頃子どもできそう?」に涙があふれて

dot.

13時間前

不妊治療に「不自然につくった子どもであんたは幸せ?」実母からのひと言が突き刺さる

不妊治療に「不自然につくった子どもであんたは幸せ?」実母からのひと言が突き刺さる

dot.

13時間前

「不妊治療の弱音を吐けない」男性の孤独 親や親友、妻にすら本音で相談できない

「不妊治療の弱音を吐けない」男性の孤独 親や親友、妻にすら本音で相談できない

dot.

8/16

「妊活したいけど1回も性交していない……」結婚6年目夫婦の他人に言えない深い悩み

「妊活したいけど1回も性交していない……」結婚6年目夫婦の他人に言えない深い悩み

dot.

8/15

カテゴリから探す