国内3位の店舗数 「コメダ珈琲店」が躍進を遂げた理由とは?

2017/01/11 07:00

 ベロア調の赤いソファに、ウッディーな木の温もりあふれる山小屋を思わせる造り――名古屋発祥の「コメダ珈琲店」は、東京都内をはじめ全国各地に出店し店舗数を拡大。経済ジャーナリスト・経営コンサルタントである高井尚之さんの著書『なぜ、コメダ珈琲店はいつも行列なのか?』によれば、2016年9月時点でその数704店にのぼり、スターバックス、ドトールコーヒーショップに次ぐ、国内3位の店舗数を誇るのだといいます。

あわせて読みたい

  • 名古屋スタイルのコーヒー「コメダ」が初のセルフ立ち飲み店で新戦略

    名古屋スタイルのコーヒー「コメダ」が初のセルフ立ち飲み店で新戦略

    週刊朝日

    4/8

    喫茶チェーン「コメダ珈琲」に代表される名古屋モーニング文化の由来

    喫茶チェーン「コメダ珈琲」に代表される名古屋モーニング文化の由来

    BOOKSTAND

    5/2

  • ドトールとスタバを追え!地方発コーヒーの群雄割拠(1)(名古屋編)

    ドトールとスタバを追え!地方発コーヒーの群雄割拠(1)(名古屋編)

    AERA

    8/16

    純喫茶通がオススメする、最強のナポリタンとは?

    純喫茶通がオススメする、最強のナポリタンとは?

    BOOKSTAND

    9/1

  • 店の数はコンビニの1.4倍 なぜ日本人はカフェが好きか

    店の数はコンビニの1.4倍 なぜ日本人はカフェが好きか

    BOOKSTAND

    10/26

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す