美術史上最大の油彩画「天国」が大きく描かれた理由

2015/06/22 07:30

 美術作品との出会いは、人と同じく一期一会。美術作品は、それぞれの人間の波乱に富んだ人生のなかで、出会う時期によっては多少の意味を持ち、心の明暗に寄り添ってくれる存在――そう述べるのは、美術史家の宮下規久朗さんです。

あわせて読みたい

  • 美術史を専門的に学ぶことには、どんな意味がある?

    美術史を専門的に学ぶことには、どんな意味がある?

    BOOKSTAND

    1/30

    藤田嗣治・パリで絶賛を浴びたただ一人の日本人画家

    藤田嗣治・パリで絶賛を浴びたただ一人の日本人画家

    tenki.jp

    12/2

  • 『モナ・リザ』と『最後の晩餐』 格が高いのはどっち?

    『モナ・リザ』と『最後の晩餐』 格が高いのはどっち?

    ダイヤモンド・オンライン

    11/6

    ヤマザキマリの「イタリア“変人”巨匠案内」 ダ・ヴィンチは世間のニーズにこびない“俺”の先駆け

    ヤマザキマリの「イタリア“変人”巨匠案内」 ダ・ヴィンチは世間のニーズにこびない“俺”の先駆け

    週刊朝日

    3/20

  • 女性問題で指を撃ち落とされる? 「叫び」のムンクの意外な素顔とは

    女性問題で指を撃ち落とされる? 「叫び」のムンクの意外な素顔とは

    AERA

    12/25

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す